都市部で保育所が不足している

対策について

保育所の用地不足の問題に対処するためにさまざまな対策が検討されています。たとえば公園内に保育所を設置するというケースです。実際に公園内に保育所を開設しているケースはあるのです。2015年に国は、特区に限定して公園内に保育所を設置できるようにしています。そのため、このようなケースはこれから増えていくでしょう。

公園に設置するメリットとしては、騒音の問題をクリアできる点です。そもそも、公園は子供達が遊ぶことを前提とした場所のため、そこで多少子どもがうるさくしていたとして問題ないのです。また、保育所が公園に設置されることによって、使用料を支払うことになり、これによって公園の維持管理費を低減できるというメリットもあるのです。

その他にも最近は公営住宅において小規模保育所を開設するというケースがあります。公営住宅の中には空き室があり、その扱いに困っているケースがあるのです。もちろん、この場合は騒音の問題をクリアする必要があるのですが、住民の理解を得られれば設置できるでしょう。

このように従来の考え方にこだわらない保育所設置が検討されているのです。これからもさまざまな発想によって、新しい保育所がどんどん増えていくでしょう。

Copyright © 都市部で保育所が不足している, All rights reserved.